四角い住まいのすすめ

増木の住まいづくりでは愛されつづける住まい × 暮らしを楽しむシカケ」をコンセプトに、建物の骨格を出来るだけ四角いシンプルな形でご提案しております。

それは、お庭を広くとり見える景色をつくるため、また基礎や屋根面積が小さくなり建築コストを抑えるためでもありますが、実は環境面でも大きく関係があります。

今回は私たちがお客さまに住まいの参考書としてお勧めしている書籍あたらしい家づくりの教科書」の著者の一人であり、断熱•気密性能についてのプロ•松尾和也さんが大変分かりやすい説明でしたので、ご紹介させて頂きます。下の図のように3つの住まい形状があります。どれも8箱分ずつですので広さは同じです。
外気に接する面をそれぞれ数えると↓①の立方体の面の数が最も少ないため、外気の影響を受けにくい事が分かります。

断熱性能を表す数値の計算方法は外気に接する部分の熱損失の平均値を算出しUA値(外皮平均熱貫流率)として表しますので①②③ともに同じ仕様で同じ断熱性能値にする事は可能ですが、実際の外部環境の影響を受ける比率は上記の通り異なりますので、空調の稼働率も変わり月々の光熱費も変わります。

住まいを考える時、最近は様々な情報が得られる事から、断熱はUA値いくつ以上が良いなど性能の数値だけで住まいを選ぶ方もいらっしゃいますが、住まいの性能は複雑で様々な事の積み重ねが高い性能の住まいに繋がると思います。

まずは住まいの体感からいかがですか?
実りある暮らしの街でお待ちしております。

四角い住まいはSDGs(持続可能な開発目標)小さなエネルギーの住まいとなり持続可能な社会に貢献してまいります。

記:たかぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Information