暮らしに必要な安心 [ SMART V2H ]

年々、太陽光発電システムの買取金額も下落している中で、つくったエネルギーを蓄電し、自家消費するために蓄電池を搭載する方も増えてきました。私たち増木工業の住まいでは、蓄電池を搭載するのではなく「SMART V2H」の搭載をおすすめしております。「SMART V2H」システムは蓄電池ではありません。電気自動車を蓄電池とし、V2Hシステムを通して、住宅へ電気の供給を行うシステムです。

V2Hの説明をすると、蓄電池と何が違うの?という質問をいただきます。
蓄電池を搭載した場合、蓄電池に付いているコンセントからのみ停電時に電気供給が行われます。日常で使用している照明や換気扇のスイッチ、エアコン等の稼働は難しく、電気を使用できる用途が限られてきます。
一方、V2Hシステムを搭載た住宅は、太陽光発電で作った電気を電気自動車へ溜め、V2Hシステムを通して住宅の分電盤へ電気供給を行いますので、日常の生活で使用しているコンセント、家電、エアコンがそのままご使用になれるのが大きな違いです。

災害等で停電が起こった際の活用はもちろんですが、そうでない日頃の暮らしの中でも、V2Hシステムを賢く使用することで、電力会社の電気を買うことなく過ごすことが可能となり、エネルギーの自給自足の暮らしへと繋がります。

安心でエコな暮らしを実現するのが「SMART V2H」システムです。

TAG

お問い合わせ・資料請求

※は入力必須項目です。

Related Information