テクノストラクチャー工法(特徴編)

私たち増木工業がつくる住まいは、家の構造体にパナソニックのテクノストラクチャー工法を採用しています。今年でテクノストラクチャー工法採用から10年が経ち、100棟を超えるテクノストラクチャーの家を建築させていただきました。

パナソニック株式会社が開発したテクノストラクチャー工法は木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使用し、梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化します。

「木」は、昔から日本人に馴染みのある素材です。環境にもやさしく、丈夫で長持ち。しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性があります。住宅でいうと、柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

そこで、テクノストラクチャー工法では、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用しています。


通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

また、テクノビームと柱の接合部分は木材の切り欠きをできるだけ減らし木の力を引き出す金具で接合します。一般的な木造住宅は、木材を切り欠いて部材と部材を接合しるため、接合部の木材は部分的に細くなってしまい、その箇所が地震等で割れて建物の倒壊を招く例も見られた事から金物接合(ドリフトピンや)は接合部での安定した強度を確保できます。

このような特徴を持つテクノストラクチャー工法の家は、全棟「耐震等級3(最高等級)」を取得します。

木造住宅の良さを理解した上で、「木」だけでは補うことができない部分に鉄をプラスしたこの工法を採用しています。東北の震災から地震への意識が高まる中、首都圏でもいつ起こってもおかしくない地震。その時、私たちは家が家族を守ってくれる住まいづくりをしたいと思っております。

TAG

お問い合わせ・資料請求

※は入力必須項目です。

Related Information