増木工業 安住処

ZEH

Net Zero Energy House

ZEHとは、「ネット ゼロ エネルギー ハウス」の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーをつくることにより、
年間の一次消費エネルギー量(暖冷房・給湯・照明・換気)の収支を
プラスマイナス「ゼロ」にする住宅を目指します。

0
販売会実施中

増木工業はZEHビルダーです。

ZEHビルダーとは、ZEHの家を建てる認定を受けている会社です。
ZEHビルダーが建築するZEHのみ補助対象となります。


ZEHってなぁに?

使う電力 < 創る電力 = ZEH

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、
国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
そこで、これまでの省エネに加え、「創エネルギー」を導入し、
自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEHの暮らしに注目が集まっています。

発電する量が消費エネルギーより多い住まい

つかう<つくる

省エネ設備、断熱性能、HEMS、太陽光発電システムなどを組み合わせ、使う電気エネルギーを上回る電気エネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたは、プラスにする住まいのこと。

政府目標 2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指す。 2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。

ZEHの家を建てるには?

ZEH達成に必要なポイントがあります。

Point1 断熱

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。
(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

Point2 省エネ

家で消費する電力量を減らすために、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を選定して、取付けましょう。

Point3 創エネ+畜エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。

創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるように蓄電池の利用が望ましいとされています。

pickup

ZEHには補助金が交付されます

これから家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように国は補助金を出し、普及を促進しています。
2012年から開始し、これまで約8500組のお客様が補助金を受け、ZEH仕様を導入しています。
これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです!

性能UP分の費用を補助・補助金定額125万円(※1) + 蓄電池設置の場合・5万円/kWh(※2)

※1 平成28年度(2016年度)「ZEH支援事業」の補助金です。
※2 2上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い額。